Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超

「違法情報」とされる3万3200件において、わいせつな画像の掲載が1万4854件と約44.7%を占める。預貯金通帳などの譲渡について勧誘する行為が7552件、規制薬物の広告が6516件で続く。

フィッシングなど「識別符号」について不正に入力を要求する行為は1222件の通報が寄せられた。前年の1681から27.3%減となっている。

1222件のうち、1197件については国外に関する案件だったとし、国内案件である25件のうち19件を警察へ通報した。1年を通じて不正アクセス行為を助長する行為に関する通報は寄せられなかったという。

「重要犯罪密接関連情報」と分類された4876件を見ると、このうち約9割にあたる4411件が犯罪実行者の募集だった。

(Security NEXT - 2024/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
6月に「Interop Tokyo 2024」開催 - テーマは「AI社会とインターネット」
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
Veeamのバックアップ管理ツールに深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ