Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、3月の定例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性は含まず

マイクロソフトは、2024年3月の月例セキュリティ更新を公開し、あわせて59件の脆弱性に対応した。脆弱性の悪用や公開は確認されていないという。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Office」「Microsoft Authenticator」をはじめ、「Windows Defender」「Microsoft Exchange Server」「SQL Server」「Microsoft Intune」「Microsoft Dynamics」「.NET」「Visual Studio Code」「Microsoft Azure Kubernetes Service」などに明らかとなった脆弱性に対処した。

CVEベースで59件の脆弱性を修正している。脆弱性によって影響は異なるが、18件についてはリモートからコードを実行される脆弱性としており、24件では権限の昇格が生じるおそれがある。

さらにサービス拒否の脆弱性が6件、情報漏洩が5件、セキュリティ機能のバイパスが3件、なりすましが2件、メモリ破損が1件としている。

最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は2件。いずれも「Windows Hyper-V」に関する脆弱性で、「CVE-2024-21407」についてはリモートからのコード実行、「CVE-2024-21408」についてはサービス拒否が生じるおそれがある。

のこる57件については、2番目に高い「重要(Important)」とレーティングした。セキュリティアドバイザリをリリースした時点でいずれも脆弱性の悪用、公開は確認されていないという。

(Security NEXT - 2024/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定