Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoのコラボサービス用ゲートウェイにCSRFの脆弱性

Cisco Systemsが、同社コラボレーションサービス向けに提供しているゲートウェイ製品「Cisco Expresswayシリーズ」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

「Cisco Expressway-C」や「Cisco Expressway-E」の「API」に「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性3件が明らかとなったもの。それぞれ単独で悪用でき、「API」の利用者を細工したリンクへ誘導することで、影響を受けるデバイス上で任意の操作を行わせることが可能となる。

「CVE-2024-20254」「CVE-2024-20255」は、デフォルト設定に存在。「CVE-2024-20252」については「クラスタデータベースAPI」を有効化している場合に影響を受ける。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、「CVE-2024-20252」「CVE-2024-20254」については「9.6」と評価。重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とした。

「CVE-2024-20255」は、CVSS基本値を「8.2」、重要度を2番目に高い「高(High)」とレーティングしている。いずれも内部のセキュリティテストで発見したとしており、脆弱性の悪用や公表などは確認されていない。

同社は「同15.0.0」および「同14.3.4」にて脆弱性を修正。アップデートするとともに、あわせてCSRF対策の機能を有効化するよう利用者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意