Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「glibc 2.39」がリリース - 複数の脆弱性を修正

Linuxで広く利用されているCライブラリ「GNU C Library」のアップデート「glibc 2.39」が現地時間1月31日にリリースされた。複数の脆弱性が修正されている。

今回のアップデートでは、仕様の見直し、バグの修正のほか、ヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2023-6246」をはじめ、CVEベースであわせて7件の脆弱性が修正された。

「CVE-2023-6246」は、関数「syslog()」「vsyslog()」から呼び出される「__vsyslog_internal()」に判明した脆弱性。2023年8月にリリースされた「glibc 2.37」より存在するが、「同2.36」に対する修正として提案されたため、バックポートも行われたという。

Qualysが2023年11月にRed Hatへ報告した。リモートより悪用されるリスクはないが、ローカル環境より悪用された場合にroot権限を取得されるおそれもあるという。その後調査を進める過程でバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2023-6779」や整数オーバーフローの脆弱性「CVE-2023-6780」なども判明した。

またこれら3件にくわえて4件の脆弱性が修正されている。Red Hatによる共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、「CVE-2023-6246」が「8.4」、「CVE-2023-6779」が「8.2」。

(Security NEXT - 2024/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性