Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むファイル1369件で権限不備、外部アクセス可能に - エイチーム

スマートフォン向けコンテンツの開発などを手がけるエイチームは、クラウドサービスに保存した約93万件の個人情報がインターネット経由でアクセスできる状態だったことを明らかにした。

同社によれば、同社グループではクラウドサービス「Googleドライブ」を利用しているが、個人情報を含むファイル1369件において権限の設定不備が見つかったという。

同社グループで導入を検討しているセキュリティ製品の検証レポートにより11月21日に判明。12月7日に事態を公表するとともに詳細を調べていた。

これらファイルは、グループ5社より2017年3月から2023年11月22日にかけて公開されていたもので、リンクを知る全員に閲覧権限を付与していたため、URLを特定できた場合に誰でもファイルを閲覧できる状態だった。

これらファイルに含まれていた個人情報はグループ全体で重複を除くと93万5779件。このうち92万5728件は同社グループで運営するサービスやアプリを利用したことがある顧客の個人情報としている。

対象となるファイルによって項目は異なるが、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、顧客管理番号、端末識別番号などが含まれる。

(Security NEXT - 2023/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市