Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米CISA、「MS 365」のセキュリティ最低構成と評価ツールを公開

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、米行政機関向けに「Microsoft 365」を利用する際のセキュリティ構成ベースラインと評価ツールを公開した。

同庁では、クラウド環境に保存された行政機関の情報資産を保護するため、2022年4月にSecure Cloud Business Applications(SCuBA)プロジェクトを設置。同年10月に「Microsoft 365」のセキュリティ構成ベースラインのパブリックコメント案を公開し、意見を募集していた。

パブリックコメントに寄せられた数百件の意見をもとに100以上の見直しを実施。パイロットプロジェクトを経て、今回「Secure Configuration Baselines for Microsoft 365 Version 1.0」をリリースした。

具体的には、「Microsoft Teams」「Defender for Office 365」「Power Platform」「Azure Active Directory」「Power BI」「SharePoint Online and OneDrive for Business」「Exchange Online」のベースラインを用意している。

あわせてベースラインの内容を踏まえた評価ツール「ScubaGear」を提供しており、テナント構成がベースラインに準拠しているか検証できるツールで、評価する際の労力を軽減できるとしている。

同プロジェクトでは、「Google Workspace」向けのベースラインと評価ツール「ScubaGoggles」についてもあわせて公開しており、2024年1月12日までパブリックコメントを実施している。

(Security NEXT - 2023/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消