Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉県青少年自然の家に不正アクセス - 2021年の脆弱性が未修正

千葉県立君津亀山青少年自然の家においてメールマガジン配信システムが不正アクセスを受け、登録者のメールアドレスが外部に流出したことがわかった。

同県によれば、マルミミに運用を委託していた同施設ウェブサーバにインストールされていたメールマガジン配信システムに対し、脆弱性を突く攻撃が行われたという。

同施設では、メールマガジン「きみかめ通信」の配信を2月1日を最後に終了したが、第三者によって同メールマガジンを名乗るメールが送信されたことが12月12日に判明。委託先が調査したところ、メールマガジン配信システムが不正アクセスを受けたことが明らかとなった。

ユーザーパスワード、配信元、件名などが書き換えられてメールマガジンを不正に配信されたことにくわえ、アクセスログよりメールマガジン登録者613人分のメールアドレスがCSVファイル形式でダウンロードされたことも判明した。

同施設では、ウェブサーバでメールマガジン配信システム「acmailer」を2010年より運用。メールマガジンの配信を終えた2月1日以降も、メールマガジンが配信できる状態のままウェブサーバ上で稼働していた。

(Security NEXT - 2023/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ