Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

位置情報やチャットなど閲覧可能 - 「NauNau」の調査結果

位置情報共有サービス「NauNau」において、利用者に関する情報が外部に流出した可能性がある問題で、Suishowは、ユーザーの位置情報やチャットなどが外部からできる状態だったことを認めた。

同社では、10月20日に一部メディアより情報流出の可能性について指摘を受け、同サービスを停止。外部協力のもと調査を進めていた。

調査を行ったところ、設定に不備があり、APIに対し特定のリクエストを行うことでデータベース内のユーザー情報を閲覧できる状態だった。リクエストを行うには、アプリの通信内容を解析する必要があるという。

対象となるのは、約304万ユーザーにおける当時の位置情報。約167万ユーザーのチャット内容、約283万ユーザー分の生年月日、約380万ユーザーにおけるアプリの起動回数といったユーザー情報なども含まれる。

またカップルや家族に属するユーザーの情報やマッチングアプリなどのインストール情報、過去の位置履歴なども一部ユーザーにおいてアクセス可能だった。

(Security NEXT - 2023/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を