Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ラピッドリセット攻撃」が発生 - 1秒間で約4億リクエスト

「HTTP/2プロトコル」に脆弱性が存在し、脆弱性を狙った大規模なDDoS攻撃が確認されている。「HTTP/2」に対応したサーバなど多くのソフトウェアが影響を受けると見られる。

「CVE-2023-44487」は、「HTTP/2」においてストリームの多重化に起因した脆弱性。ストリーム内でサーバに対するリクエストとキャンセルをサーバのレスポンスを待つことなく無制限に繰り返すことで大量のリクエストを送りつけ、負荷をかける「HTTP/2ラピッドリセット攻撃」が可能となる。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」。プロトコルそのものに起因する問題であり、ウェブサーバやプロクシ、ロードバランサ、APIなど、「HTTP/2」をサポートする多くの環境が影響を受けると見られる。

インターネット上のインフラを狙った攻撃は、8月下旬より観測されている。Googleでは過去最大となる1秒あたり3億9800万件を超えるリクエストを受けたという。

これまで2022年に観測した4600万rpsがもっとも規模の大きいDDoS攻撃だったが、はるかに上回る規模で攻撃が展開された。また一連の攻撃でわずか2分間に、1カ月間における「Wikipedia」の閲覧数を超えるリクエストが行われたと規模の大きさを表現している。

(Security NEXT - 2023/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を