Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「curl」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース

コマンドラインツール「curl」の開発チームは、現地時間10月11日に複数の脆弱性を修正したアップデート「curl 8.4.0」を公開した。脆弱性の詳細についても公開されている。

今回のアップデートは、「SOCKS5」のプロキシ ハンドシェイクにおいてヒープベースのバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2023-38545」を修正した。

さらに「libcurl」の特定条件下で「Cookie」の挿入が可能となる「(CVE-2023-38546」を解消。開発チームでは、重要度をそれぞれ「高(High)」「低(Low)」とレーティングしている。このほか、機能の変更や136件のバグについて修正を行った。

「CVE-2023-38545」に関しては、2020年2月にリリースされた「同7.69.0」以降に影響があり、これまで「curl」に見つかった脆弱性のなかでももっとも大きいセキュリティ上の問題であると説明。同脆弱性の影響を踏まえ、本来のリリース計画を前倒して今回のアップデートをリリースしたという。

アップデートの公開にあわせ、脆弱性の詳細についても公開されている。また脆弱性の報告者にはバグ報奨金制度を通じて「curl」としては最高額となる4660米ドルが支払われた。

(Security NEXT - 2023/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市