Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

気象庁の複数メール機器にサイバー攻撃 - メーカーからの連絡で判明

気象庁や気象研究所が導入しているメール関連機器がサイバー攻撃を受け、受信したメールの一部が外部に流出した可能性があることがわかった。6月初旬に保守事業者から不正通信が行われてる疑いがあるとの連絡を受け、判明したという。

同庁によると、6月2日に機器のメーカーから保守委託事業者を通じ、メール関連機器において不正通信の疑いがあるとの連絡が入り、問題が判明した。

問題の機器を遮断、交換した上で保守業者が調査を行ったところ、脆弱性を悪用されて機器が侵害され、不正な通信が行われていた痕跡が6月14日に見つかったという。

気象庁や気象研究所がそれぞれ別に導入していたもので、機器のメーカー名や機種については、「セキュリティ上の観点から回答は差し控える」としてコメントを避けた。

機器を侵害された当初、メーカーにおいても把握していない未知のゼロデイ脆弱性が悪用されたと説明。一方、同庁が保守事業者から連絡を受けた時点では、メーカーも把握するなどすでに公知となっていた。

(Security NEXT - 2023/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み