Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

食肉加工品の通販サイトに不正アクセス - リニューアル直後に判明

ハムやソーセージの通信販売サイト「サイトウハム公式オンラインストア」が不正アクセスを受け、クレジットカードをはじめ顧客の個人情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するサイトウによれば、サイトの一部脆弱性が突く不正アクセスを受けたもの。ペイメントアプリケーションの改ざんなど行われ、2020年9月1日から2022年11月24日にかけて顧客情報が流出した可能性がある。

同期間に顧客3477人が同サイトで決済のため入力したクレジットカード情報4034件が第三者に窃取された可能性がある。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

また期間中に同サイトで会員登録や注文を行ったり、配送先に指定された顧客1299人分の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、有効期限、職業なども流出したおそれがある。

2022年12月6日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり、クレジットカードの決済を停止。外部事業者による調査を行っていた。

(Security NEXT - 2023/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意