Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Arm製GPUの脆弱性がサイバー攻撃の標的に - 米政府が注意喚起

サイバー攻撃にArm製GPUの既知脆弱性が悪用されているとして、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)が注意喚起を行った。

2021年3月に公表された「Arm Mali GPUカーネルドライバ」の脆弱性「CVE-2021-29256」が悪用されているとして、現地時間7月7日に「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加したもの。

同脆弱性は、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性。権限昇格や情報漏洩につながるおそれがある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.8」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

同リストに追加された脆弱性は、米行政機関において一定期間内に対応する義務が課されている。一方、脆弱性そのものは広く悪用されるおそれがあり、CISAでは対象機関に限らず、すべての組織に対して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワコールの海外子会社にサイバー攻撃 - 詳細を調査
スタッフの個人情報が流出した可能性、ハッシュ化PWも - NHK
「Cisco Catalyst SD-WAN Manager」に複数の脆弱性 - 「クリティカル」も
日米当局、中国が関与するサイバー攻撃について注意喚起
「Firefox 118」が公開に - 機能強化や脆弱性修正など実施
ブラウザ「Chrome」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対応
セミナー参加者にメール誤送信、メアド流出 - 横須賀市
Apple、「macOS Sonoma 14」をリリース - 脆弱性61件を修正
新型コロナウイルス感染症対策事業の関連公文書を紛失 - 三重県
事業者向けECサイトにサイバー攻撃 - ソフトバンク関連会社