Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害の「社労夢」、AWSで一部サービスを再開

エムケイシステムは、ランサムウェアを用いたサイバー攻撃により、「社労夢(Shalom)」など社労士事務所や人事労務部門向けに提供するサービスが停止していた問題で、6月5日より一部サービスを再開した。

サービス停止後、暫定的にオンプレミス版を希望者へ提供するなど対応を進めてきたが、2023年6月30日より「Amazon Web Services(AWS)」上で構築したクラウド版による一部サービスを再開したもの。

具体的には、「社労夢V5.0」や同バージョンの「ネットde顧問」「ネットde事務組合」のほか、「DirectHR」について提供を開始している。再開にあたり、外部協力のもとセキュリティ面の強化を実施したという。

「社労夢オンプレ版」を利用している場合はデータ移行の必要性が生じるなど、利用状況によってサービスを再開する流れや時期が異なると説明。データのアップロードツールは今後提供予定としており、利用者向けのアナウンスを確認するよう呼びかけている。

今後7月第2週には、「社労夢V3.4」および同バージョンにおける「ネットde顧問」「ネットde事務組合」のほか、「SR-SaaS」「マイナボックス(MYNABOX)」「マイナボックス(MYNABOX)CL」についても再開を予定している。

(Security NEXT - 2023/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開