Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバがランサム被害、個人情報の流出を確認 - JBグループ会社

JBグループで基幹システムの開発やクラウドサービスの提供を手がけるシーアイエスは、サーバがランサムウェアによるサイバー攻撃を受け、個人情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、6月25日深夜に同社の一部サーバがランサムウェアにより暗号化される被害が発生したことを確認したもの。

被害状況について調査を行ったところ、同社が保有する個人情報や企業情報を含むデータが外部に流出していることを確認した。対象となる顧客や関係者と順次連絡を取っている。

今回の問題を受けて、ウェブサイトやメールシステムを除いたすべてのサーバとクライアント端末をネットワークから遮断、使用を停止した。被害状況や影響の範囲などを調査するとともに復旧作業を進めている。

また同社以外のJBグループ会社において同様の被害は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2023/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学
ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応