Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ管理ツール「Froxlor」、二要素認証回避のおそれ

サーバ管理ツール「Froxlor」において、ブルートフォース攻撃により二要素認証のバイパスが可能となる脆弱性が判明した。アップデートが提供されている。

2要素認証の入力画面において試行回数に制限がないため、数字6桁のコードに対する総当たり攻撃が可能である脆弱性「CVE-2023-3173」が明らかとなったもの。ただし、入力画面へ遷移するにはユーザー名やパスワードが必要となる。

脆弱性報告サイト「huntr」を通じて開発者へ報告された。同サイトでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度をもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

開発者は「同2.0.20」にて同脆弱性を修正した。概念実証(PoC)など詳細も公開されている。

(Security NEXT - 2023/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性