Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤ったメアドに生徒情報を送信、過去にも - 函館大谷高校

函館大谷高校は、生徒の個人情報含むファイルを、無関係のメールアドレスに誤って送信するミスが複数発生していたことを明らかにした。

同校によれば、新入生の印鑑作成にあたり、3月22日11時過ぎに氏名や受験番号など119人分の個人情報を含む表計算ファイルを外部業者へ送信する際、第三者へ送信するミスが発生した。

同日11時半過ぎに業者よりメールが届いていていないとの連絡があり、再送するも不着となったことから確認したところ、メールアドレスが誤っていることがわかった。

さらに調査を行ったところ、過去にも同様の事例があったことが判明。2022年3月18日、2度にわたり2022年度新入生134人分の個人情報を誤送信していた。また2021年3月18日にも2021年度新入生106人、在校生1人、新任職員3人分の個人情報を誤送信していた。

同校では、緊急全校集会を開催し、生徒に報告。保護者に書面で通知した。今後はメールをはじめ連絡において個人情報を扱う際のルールについて見直しを図り、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2023/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市