Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」に脆弱性、ARMの64ビット環境に影響

OpenSSLに脆弱性が明らかとなった。悪用される可能性は低く重要度を「低」としており、今後のリリースで修正する予定。

ARMアーキテクチャの64ビット環境において、メディアの暗号化などに用いられる「AES-XTSアルゴリズム」の処理にバッファオーバーリードの脆弱性「CVE-2023-1255」が明らかとなったもの。

実装上の不備に起因し、クラッシュしてサービス拒否に陥るおそれがあるという。「同3.1.0」および「同3.0.8」以前のバージョンが影響を受けるという。「同1.1.1」「同1.0.2」については同脆弱性の影響を受けない。

開発チームでは、同脆弱性が悪用される可能性は低いと見ており、重要度はもっとも低い「低(Low)」とレーティングした。ソースリポジトリにおいて修正を行なっている。

アドバイザリをリリースした4月20日の段階で同脆弱性の修正のみを目的としたアップデートは用意せず、今後のリリースで修正内容を反映する予定。

(Security NEXT - 2023/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を