Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生地通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など顧客情報が流出した可能性

生地織物専門店が運営する通信販売サイト「トマトオンラインショップ」が不正アクセスを受け、顧客の個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するトマトによれば、ウェブサイトのシステムにおける脆弱性を突かれ、不正なファイルを設置されたもの。

2021年1月22日から2022年10月3日にかけて、顧客1万4256人が決済で利用したクレジットカード情報を窃取されたおそれがある。名義、カード番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

また攻撃者が同サイトのデータ管理画面を閲覧できる状態にあり、同サイトで会員登録や商品を購入した顧客6万2575人に関する個人情報が流出した可能性がある。氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、購入履歴などが対象だという。

同社では、2022年10月にウェブサイトを「日暮里トマトオンラインショップ」としてリニューアルしているが、リニューアル以前の「トマトオンラインショップ」が不正アクセスを受けたものと見られる。

(Security NEXT - 2023/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性
イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正