Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、2月の月例パッチで脆弱性76件に対処 - 3件がすでに悪用済み

マイクロソフトは、2023年2月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。3件についてはすでに悪用済みで、ゼロデイ攻撃が確認されているという。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Microsoft Office」「Microsoft Exchange Server」「Windows Active Directory」をはじめ、「Microsoft Defender」「SQL Server」「Microsoft Dynamics」「Power BI」「Azure App Service」「Azure DevOps」「Azure Machine Learning」「Visual Studio」「.NET Framework」ほか、多岐にわたる脆弱性へ対応している。

CVEベースで76件の脆弱性を修正しており、最大重要度は、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が9件。次に高い「重要(Important)」とされる脆弱性が66件。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアを見ると、61件が「7.0」以上とレーティングされており、「9.0」以上とされる脆弱性は「CVE-2023-21689」「CVE-2023-21690」「CVE-2023-21692」「CVE-2023-21716」「CVE-2023-21803」の5件。いずれも「9.8」と評価されている。

脆弱性によって影響は異なるが、37件についてはリモートよりコードを実行されるおそれがあり、12件については権限昇格のおそれがある。さらにサービス拒否の脆弱性10件、情報漏洩、なりすましの脆弱性それぞれ8件、セキュリティ機能のバイパス2件を解消している。

なお、MITREによって採番されたBroadcom製Wi-Fiクライアントデバイスにおいて内部エラーが生じ、情報漏洩のおそれがある脆弱性「CVE-2019-15126」については、重要度を「なし」とし、CVSS基本値も示していない。

(Security NEXT - 2023/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局