Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響

GitHubは、「GitHub Desktop」「Atom」の一部バージョンでコード署名に利用した証明書を現地時間2月2日に失効させると発表した。macOS版ではアップデートなど対応が必要となる。

一部プログラムの署名に利用した証明書が同社リポジトリより漏洩した可能性があることが判明したもの。

これらプログラムの開発などに用いていた同社関連リポジトリが、2022年12月6日にマシンアカウントに関連付く侵害された「個人用アクセストークン(PAT)」によって複製されたという。

同社では翌日7日に問題を把握。問題のトークンを失効させて影響を調べたところ、問題のリポジトリに複数の暗号化されたコードサイニング証明書が保管されていたことが判明した。

現地時間1月30日の時点で攻撃者によって証明書を復号されたり、悪用されたといった報告はないが、復号されると悪意あるプログラムの署名に悪用されるおそれがあるため、同社では2月2日付けで失効処理を実施する。

(Security NEXT - 2023/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市