Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導

「静岡銀行」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会は注意喚起を行った。

同行を装い、「取引目的の確認」などと称してメールを送り付け、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されているもの。

同行が提供するオンラインバンキングサービス「しずぎんダイレクト」に見せかけたフィッシングサイトでは、店番号や口座番号、ログインID、パスワードのほか、氏名、生年月日、暗証番号、電話番号、メールアドレスなどの情報を詐取しようとしていた。

1月23日の時点で、フィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グリコ、6月下旬より冷蔵品の出荷を順次再開
「Interop Tokyo 2024」が開催中 - 「ShowNet」も人気、ケーブル総距離32キロ超
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし
高齢者名簿が入ったリュックが電車内で置き引き被害 - 青梅市
WP向けeコマースプラグイン「Dokan Pro」にSQLi脆弱性