Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

立入検査で持ち出した医療機関関連書類を紛失 - 静岡県

静岡県は、富士健康福祉センターにおいて立入検査の際に持ち出した書類を紛失したことを明らかにした。医療関係者の個人情報が含まれる。

同県によれば、医療機関への立ち入り検査業務で使用した医療機関の診療所開設許可申請書、診療所開設届、診療所開設許可事項変更届を綴じていたファイル1冊を紛失したもの。医療関係者免許証および履歴書の写しが含まれる。

11月14日に5カ所の医療機関へ立ち入り検査を実施。6冊の書類を使用したが、そのうちの1冊だという。帰庁後、使用した書類を執務室に施錠保管したが、翌15日に見あたらないことへ気がついた。

移動は公用車だったという。対象となる医療機関を訪問、他医療機関についても電話で搜索を依頼したが発見できなかった。対象となる医療機関を訪問し、経緯の説明と謝罪を行っている。

今後は、検査終了時など適時所在の確認を行うほか、持ち出し時や帰庁時における記録を徹底するなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2022/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性