Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表

JPCERTコーディネーションセンターは、「JPCERT/CCベストレポーター賞 2022」を発表した。

同賞は、「インシデント」や「脆弱性」などセキュリティに関する問題を発見し、同センターへ報告した「報告者(レポーター)」のなかでも、顕著な貢献を果たした人物や団体を表彰する制度。2021年度にスタートし、今回2度目の発表となった。

今回の「インシデント報告部門」では、過去数年にわたり、プライベートな時間を用いて改ざんサイトやフィッシングサイトを調査し、国内におけるウェブ改ざんのインシデントについて質の高い報告を多数行ったNECの岩田友臣氏を選出した。

同センター主催コミュニティにおいて、攻撃手口の傾向や調査方法などの情報を共有したことも受賞理由に挙げている。

「脆弱性報告部門」では、産業制御システムのセキュリティ研究者であるMichael Heinzl氏を表彰した。研究活動を通じて、日本製のシステムや機器を含む多数の脆弱性を発見、報告し、ベンダーとの協調的な脆弱性公表に協力した。

また脆弱性報告の対応をきっかけとして、製品開発者におけるPSIRT体制の整備や脆弱性対応手順の改善などにつながったケースもあったという。

(Security NEXT - 2022/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も