Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能

日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会)は、「NCA Annual Conference 2022」を12月14日から16日まで開催する。会員でなくともオンラインより無料で視聴できる。

同カンファレンスは、国内で活動するCSIRTの交流の場を提供する年次イベント。任意団体設立から2022年で15周年を迎えることを記念し、オンサイトとオンラインによるハイブリッド形式で開催。非加盟組織であってもオンラインより参加し、多くのプログラムを視聴できる。

テーマに「『シーサート×Family大作戦』始動 ~全国連携に向け、全員集合!~」を掲げており、セキュリティに関する事件や事故において、相互に頼れる関係を構築できるようCSIRTコミュニティの発展を目指している。

基調講演や特別講演には、ラックの西本逸郎氏やサイバーディフェンス研究所の名和利男氏、JPCERTコーディネーションセンターの小宮山功一朗氏を招聘。そのほか対談やパネルディスカッション、ワークショップなども予定している。

オンサイトの会場は東京コンファレンスセンター・品川となるが、会場参加は同協議会加盟組織のみとなる。詳細は同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性