Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上海のきらぼし銀子会社にサイバー攻撃 - 詳細を調査

きらぼし銀行の海外子会社において、サイバー攻撃に起因すると見られる被害が確認された。原因や影響など詳細を調べている。

同社子会社で上海においてコンサルティング事業を展開するKiraboshi Business Consulting Shanghai(綺羅商務諮詢)において、第三者のサイバー攻撃によって生じたものと見られる被害が11月7日に確認されたもの。

東京きらぼしフィナンシャルグループによると、現地事業者が提供するクラウド型のストレージサービス内に保存していたデータが閲覧できない状態となっており、被害に気がついたという。被害を受けたストレージには、グループ会社が提供するサービスを利用した法人顧客の情報や社内情報などが保存されていた。

同社は本誌取材に対し、事実関係など詳細について調査を進めている段階にあるとして、原因、脅迫の有無などについてはコメントを避けた。情報流出については11月9日の段階で確認されていないとしている。

子会社においてサービスの提供にあたり影響はなく、他グループ会社についてもサイバー攻撃の影響はないとしている。

(Security NEXT - 2022/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
子会社にサイバー攻撃、製品供給に影響なし - J-MAX