Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPにアップデート、複数脆弱性を修正

PHPの開発チームは、脆弱性に対処した「PHP 8.1.12」「同8.0.25」「同7.4.33」をリリースした。

10月28日に「PHP 8.1.12」「同8.0.25」。11月3日に「同7.4.33」をリリースしたもの。開発チームではいずれもセキュリティリリースと位置づけており、CVEベースで2件の脆弱性を修正した。「同8.1.12」「同8.0.25」ではバグの修正なども含まれる。

具体的には、ビットマップフォントを読み込む関数において入力値の検証不備が存在し、域外メモリを読み込む脆弱性「CVE-2022-31630」に対応。「Keccak XKCP SHA-3」において判明したバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-37454」に対処した。

開発チームでは、各系統のユーザーに対して最新バージョンへアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市