Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「XKCP SHA-3」に脆弱性 - 「Python」「PHP」などにも影響

「SHA-3標準(FIPS 202)」にも採択されたKeccakチームが開発する暗号実装「XKCP(eXtended Keccak Code Package) SHA-3」に脆弱性が明らかとなった。「Python」や「PHP」など実装する開発環境も影響を受ける。

スポンジ関数にバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-37454」が明らかとなったもの、脆弱性を悪用されると、任意のコードを実行されたり、ハッシュ値の生成などに影響を及ぼすおそれがある。

複数にわけられたデータを処理する際、ひとつあたり約4Gバイトを超えるとバッファオーバーフローが生じるという。開発チームでは脆弱性の重要度を「中(Moderate)」とレーティングしている。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」と評価。Red Hatでは、CVSS基本値についてはNVDと同じく「9.8」としているが、重要度は「中(Moderate)」にとどめ、悪用は難しいと分析している。

調整を経て発見者は、「PoC(実証コード)」を含む脆弱性の詳細を公開した。「Python」「PyPy」「pysha3」「PHP」「Ruby」など、「SHA-3」や「XKCP」を実装する複数の開発言語や実装環境が影響を受けるとしている。

GitHubの「XKCP」リポジトリにて脆弱性を修正するパッチが提供されているほか、入出力を制限するといった回避策がアナウンスされている。また各開発言語や、Linuxディストリビューションにおいても対応を進められている。

(Security NEXT - 2022/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

任意精度演算のnpmパッケージがマルウェア汚染
公開議事録の墨塗りに不備、個人情報参照可能に - 羽曳野市
UCCグループの業務用食材通販サイトが侵害被害
エンカレッジ製のUNIX/Linux向け証跡記録ソフトに脆弱性
Google、「Chrome 114」をリリース - 複数の脆弱性を修正
顧客情報がネット上で閲覧可能に - 愛知のCATV局
主要ベンダー製品と連携するXDRを7月に提供 - Cisco
「iTunes for Windows」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
雲仙普賢岳の防災システムで情報流出、闇ネット上に - 国交省
電車内で機密文書が盗難被害、その後回収 - 名古屋市美術館