Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Trend Micro Apex One」に緊急性高い脆弱性 - アップデートを

トレンドマイクロのエンドポイント向けセキュリティ対策製品「Trend Micro Apex One」「Trend Micro Apex One SaaS」において複数の脆弱性が明らかとなった。深刻度が「緊急」とされる脆弱性も含まれる。

同社では、両製品にあわせて6件の脆弱性が明らかとなったとしてアドバイザリをリリースしたもの。

脆弱性によって影響は異なるが、今回明らかとなった脆弱性において、強制ブラウジングの脆弱性「CVE-2022-41746」については共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアが「9.1」、深刻度が「緊急」と評価されている。脆弱性の悪用により権限の昇格が可能となり、エージェントのグルーピングを変更することが可能になるという。

また脆弱性対策として提供されている仮想パッチ機能において「TOCTOU(Time-of-check Time-of-use)」の脆弱性「CVE-2022-41744」、証明書の検証不備「CVE-2022-41747」、同一オリジンポリシー違反の脆弱性「CVE-2022-41749」など権限昇格が生じる3件についてはCVSS値がいずれも「7.8」、深刻度が「高」となっている。

同社では脆弱性を修正した「Apex One Service Pack 1 Critical Patch 11110」を提供。「Apex One SaaS」については9月に実施したメンテナンスにて「ビルド14.0.11734」のエージェントを配布し、対策を講じたという。

同社ではアドバイザリを公表するとともに、周知のためにJPCERTコーディネーションセンターへ脆弱性を報告。利用者に注意を呼びかけている。

CVE-2022-41744
CVE-2022-41745
CVE-2022-41746
CVE-2022-41747
CVE-2022-41748
CVE-2022-41749

Trend Micro Apex One およびTrend Micro Apex One SaaSで確認した複数の脆弱性について
https://success.trendmicro.com/jp/solution/000291648

JVN:Trend Micro Apex OneおよびTrend Micro Apex One SaaSにおける複数の脆弱性
https://jvn.jp/vu/JVNVU97131578/index.html

トレンドマイクロ
https://www.trendmicro.co.jp/

JVN
https://jvn.jp/

(Security NEXT - 2022/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業