Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加

JPCERTコーディネーションセンターは、2022年第3四半期に同センターが把握したインシデントの状況について取りまとめた。報告数、インシデント件数のいずれも減少している。

同センターによれば、同四半期に寄せられたインシデントの報告は1万3564件。前四半期の1万6714件から19%減少した。

重複を除いたインシデント件数は1万656件。前四半期の1万2723件を2067件下回っている。サイト管理者などに対応を依頼した調整件数は、前四半期から18%減となる6444件だった。

インシデントの内訳を見ると、「フィッシングサイト」が7520件でインシデント全体の71%を占めるが、前四半期の8088件からは7%減少している。

フィッシングサイトの内訳を見ると、56%にあたる4191件が国内ブランドを装ったもので、海外ブランドを装うケースが35%にあたる2662件だった。

(Security NEXT - 2022/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院