Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「bingo!CMS」に脆弱性、至急更新を - すでに悪用も

シフトテックが提供するコンテンツマネジメントシステム(CMS)の「bingo!CMS」に脆弱性が明らかとなった。すでに脆弱性の悪用が確認されているという。

認証を回避し、不正なコードを含むファイルのアップロードが可能となる脆弱性「CVE-2022-42458」が明らかとなったもの。アップロードされた不正なファイルを悪用することで、不正なファイルの作成、ファイルの改ざん、任意のスクリプトの実行などが可能となる。

周知を目的に同社が情報処理推進機構(IPA)へ報告。公表にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。同センターでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において同脆弱性のベーススコアを「7.5」と評価している。

同社では、脆弱性を修正した「同1.7.4.2」を公開。アップデートを呼びかけている。「同1.6.x」を利用している場合、本来バージョンアップライセンスが必要となるが、今回は無償で最新版を提供するという。

「同1.5」以下については、すでにサポートを終了しており、有償のバージョンアップが必要になる。

なお、クラウド版はすでに修正済みとしており、「bingo!CMSエンタープライズ版」「bingo!Express」は、今回の脆弱性の影響は受けないとしている。

(Security NEXT - 2022/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート