Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正

開発言語「Go」に複数の脆弱性が明らかとなった。いずれもアップデートにて修正されている。

同開発環境でパスの結合処理を行う関数「JoinPath」において、脆弱性「CVE-2022-32190」が判明した。ドキュメントに記載されたとおり相対パスの結合処理を行っていなかったという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

またエラーによって「HTTP/2」接続が閉じた際にサービス拒否へ陥るおそれがある脆弱性「CVE-2022-27664」が明らかとなった。「NVD」よるCVSS基本値は「7.5」、重要度は「高(High)」。

これら脆弱性は、9月7日にリリースとなった「同1.19.1」「同1.18.6」にて修正されている。

(Security NEXT - 2022/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開