Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛

日本酒の製造を手がける日本盛が、ランサムウェアを用いたと見られるサイバー攻撃を受けたことがわかった。同社では影響の範囲や詳しい原因を調べている。

同社によれば、ランサムウェアを用いたサイバー攻撃を受け、複数のサーバで被害が発生したもの。9月18日午前中にセキュリティ製品からアラートメールが届き、調べたところ被害が判明した。

被害にあったのは、業務で利用しているファイル共有サーバ。攻撃者により指定したファイルを確認するようメッセージが残されていた。同社では指定されたファイルを開いておらず、記載内容は把握していないが、状況を踏まえてランサムウェアによる攻撃と判断した。

同社では対象となるサーバをネットワークから遮断。セキュリティ事業者協力のもと、情報流出の有無を含め、被害状況の把握や原因について調査を進めている。また翌19日に警察へ相談。20日には自治体や税務署など所管官庁へ報告した。

システムが停止した関係で、受発注については電話やファックスなどで対応しているほか、一部事務作業についても影響が出ている。

また同社では通信販売サイトを運用しているが、システムが停止した影響で在庫の確認、商品発送といった作業に支障が出ていることからサービスを一時停止した。同サイトに対する侵害行為は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2022/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特別支援学校で生徒の個人情報含む書類が所在不明 - 埼玉県
WPプラグイン「LayerSlider」に深刻な脆弱性 - 発見者は報奨金最高額を獲得
「MS Edge」にセキュリティ更新 - 独自の修正も実施
先週注目された記事(2024年3月31日〜2024年4月6日)
「Atermシリーズ」59製品に複数の脆弱性 - アップデートや移行などを
「Apache HTTPD」に複数の脆弱性 - アップデートを推奨
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、2名2団体を選出
CData製の複数データ連携ツールに脆弱性 - アップデートを
臨床研究で検査機関に個人情報を誤送付、すでに削除済み - 愛知医科大