Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MariaDB」のバックアップ機能に脆弱性 - サービス拒否のおそれ

「MariaDB」のバックアップおいて書き込み失敗時にデッドロックが発生する脆弱性が明らかとなった。

「mariabackup」において書き込みを行う関数に脆弱性「CVE-2022-38791」が明らかとなったもの。ローカルユーザーによってサービス拒否を引き起こすことが可能だという。開発チームでは、脆弱性の優先度を「クリティカル(Critical)」と評価している。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「5.5」、重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。

開発チームでは、8月中旬以降にリリースした「同10.9.2」「同10.8.4」「同10.7.5」「同10.6.9」「同10.5.17」「同10.4.26」「同10.3.36」にて同脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2022/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大