Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

明治の海外グループ会社がランサム被害 - 犯行声明も

明治は、海外グループ会社がランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

サイバー攻撃を受けたのは、シンガポールで事業を展開するグループ会社のMeiji Seika(Singapore)。

同社によると8月29日7時半ごろ、同グループ会社事務所においてパソコンを起動したところ、プリンタより大量の脅迫メッセージが印刷され、調査を行ったところランサムウェアによる被害であることが判明したという。

同グループ会社では、現地関係当局に通報するとともに、サイバー攻撃による被害の状況や情報流出の有無、範囲の特定など調査を進めている。

今回の問題に関連し、攻撃グループの「LockBit 3.0」がダークウェブ上で攻撃の犯行声明を公表。10万ドルを支払うよう要求している。

同グループ会社では、製造、販売などの事業について通常どおり継続。また国内の明治をはじめ、他グループ会社への影響については否定している。

(Security NEXT - 2022/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
住民税決定通知書のデータ約15万件が外部流出 - 和歌山市
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
ルーマニア拠点にサイバー攻撃、影響などを解析 - NTTデータグループ