Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

明治の海外グループ会社がランサム被害 - 犯行声明も

明治は、海外グループ会社がランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

サイバー攻撃を受けたのは、シンガポールで事業を展開するグループ会社のMeiji Seika(Singapore)。

同社によると8月29日7時半ごろ、同グループ会社事務所においてパソコンを起動したところ、プリンタより大量の脅迫メッセージが印刷され、調査を行ったところランサムウェアによる被害であることが判明したという。

同グループ会社では、現地関係当局に通報するとともに、サイバー攻撃による被害の状況や情報流出の有無、範囲の特定など調査を進めている。

今回の問題に関連し、攻撃グループの「LockBit 3.0」がダークウェブ上で攻撃の犯行声明を公表。10万ドルを支払うよう要求している。

同グループ会社では、製造、販売などの事業について通常どおり継続。また国内の明治をはじめ、他グループ会社への影響については否定している。

(Security NEXT - 2022/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
サーバにサイバー攻撃、ランサムウェアか - NITTAN
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン
サーバへランサム攻撃、情報流出を確認 - リケン
SOMPOホールディングスの海外グループ会社にサイバー攻撃 - サーバ7台が被害
一部店舗で無人チェックインシステムがランサム被害 - H.I.SホテルHD