Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zimbra」の複数脆弱性が攻撃の標的に - 攻撃ツールの販売も

「Zimbra Collaboration Suite(ZCS)」に明らかとなった複数の脆弱性に対してサイバー攻撃が展開されている。米政府では、パッチの適用だけでなく、侵害されたことも想定して対応にあたるよう求めている。

「ZCS」は、メールやスケジューラ、アドレス帳、ファイル共有などの機能を提供するオープンソースのコラボレーションツール。同ツールを利用する政府機関や企業を標的とした攻撃が展開されているとして、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)とMS-ISAC(Multi-State ISAC)が共同で注意喚起を行っている。

悪用されている脆弱性は、サードパーティの脆弱性も含めて2022年に明らかとなったものだけで5件に及ぶ。

具体的にみるとアカウントのパスワードを平文で窃取できる「CVE-2022-27924」をはじめ、ディレクトリトラバーサルにより任意のファイルをシステム上にアップロードできる「CVE-2022-27925」、同脆弱性の悪用とも関連する認証バイパスの脆弱性「CVE-2022-37042」などが含まれる。

さらにウェブメールクライアントにおけるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2022-24682」のほか、「UnRAR」に起因するディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2022-30333」については、脆弱性を悪用するためのエクスプロイトキットも販売されているという。

(Security NEXT - 2022/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ