Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zimbra」の複数脆弱性が攻撃の標的に - 攻撃ツールの販売も

「Zimbra Collaboration Suite(ZCS)」に明らかとなった複数の脆弱性に対してサイバー攻撃が展開されている。米政府では、パッチの適用だけでなく、侵害されたことも想定して対応にあたるよう求めている。

「ZCS」は、メールやスケジューラ、アドレス帳、ファイル共有などの機能を提供するオープンソースのコラボレーションツール。同ツールを利用する政府機関や企業を標的とした攻撃が展開されているとして、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)とMS-ISAC(Multi-State ISAC)が共同で注意喚起を行っている。

悪用されている脆弱性は、サードパーティの脆弱性も含めて2022年に明らかとなったものだけで5件に及ぶ。

具体的にみるとアカウントのパスワードを平文で窃取できる「CVE-2022-27924」をはじめ、ディレクトリトラバーサルにより任意のファイルをシステム上にアップロードできる「CVE-2022-27925」、同脆弱性の悪用とも関連する認証バイパスの脆弱性「CVE-2022-37042」などが含まれる。

さらにウェブメールクライアントにおけるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2022-24682」のほか、「UnRAR」に起因するディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2022-30333」については、脆弱性を悪用するためのエクスプロイトキットも販売されているという。

(Security NEXT - 2022/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も