Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社

システム構築やコンサルティングを手がけるSRAは、パソコン3台がマルウェア「Emotet」に感染し、従業員を装ったなりすましメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、7月4日に従業員を詐称したメールの添付ファイルを開いたことで、パソコン3台がマルウェア「Emotet」に感染したもの。その後、なりすましメールが送信されていることを確認した。

同日、社内の全端末において「EmoCheck」によるマルウェアチェックを行い、感染端末からプロキシ経由で外部へアクセスされたログを確認。感染端末より最大で409件の氏名とメールアドレスが流出した可能性があることが判明した。

同社では、心当たりがない不審なメールを受信した場合は、添付ファイルやURLを開かずに削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力