Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加

一方脆弱性の探索や侵入、感染の試行などを検知した「スキャン」が3615件、インシデント全体に対する割合は27.4%と次いで多い。1174件だった前四半期から3倍超に急増している。

「ウェブサイト改ざん」も前四半期の703件から21.0%減となる557件。リファラー情報に応じて利用者の意図しないサイトへ転送するケースが複数報告された。

また設置されたJavaScriptにより、言語設定やタイムゾーン、ブラウザやOS情報を外部に送信し、PNGファイルをダウンロードしてデータを実行するケースが確認されたという。

「マルウェアサイト」には199件で、前四半期の291件から32.0%減と大きく縮小。「DoS/DDoS」は7件で前四半期と同数だった。「標的型攻撃」は2件、前四半期に引き続き「制御システム関連」の報告はなかった。

(Security NEXT - 2022/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消