Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加

JPCERTコーディネーションセンターは、2022年第2四半期に同センターが把握したインシデントの状況について取りまとめた。報告数、インシデント件数のいずれも増加している。

同センターによれば、同四半期に寄せられたインシデントの報告は1万6714件。前四半期の1万6188件から3%増加した。

重複を除いたインシデント件数は1万2723件。前四半期の9369件の約1.3倍へと拡大している。サイト管理者などに対応を依頼した調整件数は、前四半期比42%増となる7890件。

インシデントの内訳を見ると、「フィッシングサイト」が8088件で、インシデント全体の63.6%を占める。前四半期の6820件を18.6%上回った。

フィッシングサイトの内訳を見ると、68.3%にあたる5523件が国内ブランドを装ったもので、海外ブランドを装うケースが23.9%にあたる1931件だった。

(Security NEXT - 2022/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処