Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加

JPCERTコーディネーションセンターは、2022年第2四半期に同センターが把握したインシデントの状況について取りまとめた。報告数、インシデント件数のいずれも増加している。

同センターによれば、同四半期に寄せられたインシデントの報告は1万6714件。前四半期の1万6188件から3%増加した。

重複を除いたインシデント件数は1万2723件。前四半期の9369件の約1.3倍へと拡大している。サイト管理者などに対応を依頼した調整件数は、前四半期比42%増となる7890件。

インシデントの内訳を見ると、「フィッシングサイト」が8088件で、インシデント全体の63.6%を占める。前四半期の6820件を18.6%上回った。

フィッシングサイトの内訳を見ると、68.3%にあたる5523件が国内ブランドを装ったもので、海外ブランドを装うケースが23.9%にあたる1931件だった。

(Security NEXT - 2022/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
情報セキュマネ試験のネット実施に向けて実証試験 - IPA
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施