Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バンナム複数グループ会社にサイバー攻撃 - 詳細は調査中

バンダイナムコホールディングスの複数グループ会社がサイバー攻撃を受けたことがわかった。同社では原因や被害状況について調査を進めている。

同社によると、日本を除いたアジア地域の複数グループ会社に対してサイバー攻撃が行われたもの。対象となるグループ会社の社名や社数については非開示としているが、いずれも日本時間7月3日に被害へ気がついたという。

攻撃を受けたサーバやパソコンの内部には、日本を除くアジア地域のトイホビー事業に関する顧客情報などが含まれていた可能性がある。外部流出など影響の有無や範囲などを調べている。

一部メディアでは、今回のサイバー攻撃についてランサムウェアによる影響と報じているが、具体的な被害状況なども含め、同社は本誌の取材に対して「詳細については確認中」とコメントするにとどめた。

今回のサイバー攻撃により数日、業務への影響は生じたが、業績への影響において開示が必要となる状況にはないとしている。現地グループ会社ではセキュリティ事業者協力のもと原因究明などを進めており、状況が判明次第、現地の法令に従い、当局との連携も図りながら対応していく方針。

(Security NEXT - 2022/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
住民税決定通知書のデータ約15万件が外部流出 - 和歌山市
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
ルーマニア拠点にサイバー攻撃、影響などを解析 - NTTデータグループ
角川ドワンゴ学園の生徒や保護者情報も流出か - KADOKAWAが報告
さらなる情報を流出させたと攻撃者が主張 - KADOKAWAが調査