Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バンナム複数グループ会社にサイバー攻撃 - 詳細は調査中

バンダイナムコホールディングスの複数グループ会社がサイバー攻撃を受けたことがわかった。同社では原因や被害状況について調査を進めている。

同社によると、日本を除いたアジア地域の複数グループ会社に対してサイバー攻撃が行われたもの。対象となるグループ会社の社名や社数については非開示としているが、いずれも日本時間7月3日に被害へ気がついたという。

攻撃を受けたサーバやパソコンの内部には、日本を除くアジア地域のトイホビー事業に関する顧客情報などが含まれていた可能性がある。外部流出など影響の有無や範囲などを調べている。

一部メディアでは、今回のサイバー攻撃についてランサムウェアによる影響と報じているが、具体的な被害状況なども含め、同社は本誌の取材に対して「詳細については確認中」とコメントするにとどめた。

今回のサイバー攻撃により数日、業務への影響は生じたが、業績への影響において開示が必要となる状況にはないとしている。現地グループ会社ではセキュリティ事業者協力のもと原因究明などを進めており、状況が判明次第、現地の法令に従い、当局との連携も図りながら対応していく方針。

(Security NEXT - 2022/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
名古屋商工会議所にサイバー攻撃 - サーバが暗号化被害
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開