Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 8.1」のサポート終了まで約半年 - 「同7」「WS 2008」のESUも終了へ

「Windows 8.1」が2023年1月にサポートの終了を迎える。「Windows 7」や「Windows Server 2008」向けに提供されている「延長セキュリティ更新プログラム」についても同月終了となる見込みだ。

「Windows 8」は2012年に登場。翌2013年に後継として「Windows 8.1」がリリースされたが、米時間2023年1月10日にサポートが終了する。同時期、ARMアーキテクチャ向けにリリースされた「Windows RT」についても同じく終了となる予定だ。

サポート期間終了後は、脆弱性が判明してもセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、脆弱性の影響そのものも公表されなくなるため、安全に利用することが困難となる。

Windowsの「EOL(End Of Lifecycle)」というと、2020年1月14日にサポートを終了した「Windows 7」「Windows Server 2008/同R2」が記憶にあたらしいが、これら製品の一部利用者にとっても米時間2023年1月10日はひとつの節目となる。

利用者が多かったこれら製品は、移行支援の一環としてセキュリティ更新プログラムを最長3年間提供する有償の「延長セキュリティ更新プログラム(ESU)」が提供中だが、これらプログラムについても2023年1月10日に終了を予定している。

(Security NEXT - 2022/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県