Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年1Qクレカ不正利用被害、前期比7.4%増 - 約100億円を突破

2022年第1四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は、前四半期から7.4%増加し、はじめて100億円の大台を突破した。

日本クレジット協会が、国際ブランドカードの発行事業者を中心に、銀行、信販会社、流通におけるクレジットカード事業者、中小の小売団体など41社を対象に不正使用被害の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は約100億1000万円だった。前四半期の約93億2000万円から7.4%増加している。

番号盗用被害が約94億6000万円にのぼり、前四半期の約87億8000万円から7.7%増加。被害額全体の94.5%を占める。偽造カード被害は約2000万円。その他被害が約5億3000万円だった。

20220707_jc_001.jpg
クレジットカード不正利用被害の推移(グラフ:日本クレジット協会の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2022/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
公式アプリで不正ログイン被害、PWリセットを実施 - ハードオフ
ネットアンケートで回答一覧が閲覧可能に、設定ミスで - 大阪府立高
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性などを修正
高校説明会の申込者宛メールで誤送信 - 大阪府
研修会の参加募集でメール誤送信、建設業者のメアド流出 - 大阪市
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省