Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院

くわえて職員に関する715件の氏名や生年月日、住所、電話番号についても外部へ流出した可能性がある。

同院によれば、情報を抜き出された場合も、データベースのしくみ上、閲覧や加工して不正に利用できる可能性は低いとの説明をシステムの納入業者より受けたという。

ランサムウェアの関与や原因などについては、本誌の取材に対して現在調査中であり、警察による捜査も行われている段階であるとして言及を避けた。個人情報の外部流通が確認されたり、不正に利用されたとの報告は受けていないとしている。

同院では、流出した可能性がある情報について引き続き調査を進め、原因や再発防止に取り組み、警察や厚生労働省と連携して管理体制の強化を図る方針。

(Security NEXT - 2022/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし