Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院

岐阜市にある安江病院は、5月に電子カルテをはじめとする複数システムがサイバー攻撃を受け、一時診療に影響が出たことを明らかにした。翌日復旧したが、その後個人情報が外部に流出した可能性があることが判明した。

5月27日に患者データベースへアクセスできない状況に陥るサイバー攻撃を受けたもの。電子カルテシステムや診療報酬を計算する会計システムなどが一時停止した。

同日、一部診療体制に影響が出たものの、翌日には、対策を講じた上でバックアップからシステムを復旧しており、通常の診療体制に戻っているという。

同院では障害の発生を受けて警察や厚生労働省へ報告。5月30日には個人情報保護委員会にも報告し、6月8日より外部事業者によるフォレンジック調査を進めていたが、個人情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

対象となるのは、患者や新型コロナワクチンの被接種者に関する個人情報最大11万1991件。氏名や生年月日、住所、電話番号、診療に用いる病歴、治療歴などの情報、予防接種歴などが含まれる。

(Security NEXT - 2022/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を