Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院

岐阜市にある安江病院は、5月に電子カルテをはじめとする複数システムがサイバー攻撃を受け、一時診療に影響が出たことを明らかにした。翌日復旧したが、その後個人情報が外部に流出した可能性があることが判明した。

5月27日に患者データベースへアクセスできない状況に陥るサイバー攻撃を受けたもの。電子カルテシステムや診療報酬を計算する会計システムなどが一時停止した。

同日、一部診療体制に影響が出たものの、翌日には、対策を講じた上でバックアップからシステムを復旧しており、通常の診療体制に戻っているという。

同院では障害の発生を受けて警察や厚生労働省へ報告。5月30日には個人情報保護委員会にも報告し、6月8日より外部事業者によるフォレンジック調査を進めていたが、個人情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

対象となるのは、患者や新型コロナワクチンの被接種者に関する個人情報最大11万1991件。氏名や生年月日、住所、電話番号、診療に用いる病歴、治療歴などの情報、予防接種歴などが含まれる。

(Security NEXT - 2022/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用