Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出

矢野経済研究所は、6月6日にウェブサーバに対して脆弱性を突く不正アクセスがあり、会員のアカウント情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、運営サイト「http://www.yano.co.jp」「http://www.yanoresearch.com」を運用するサーバが「SQLインジェクション」による不正アクセスを受け、会員のアカウント情報最大10万1988件が外部に流出した可能性があることが判明したもの。

6月13日に取引先より個人情報流出の可能性について問い合わせがあり、調査を行ったところ、被害が明らかになったという。

攻撃を受けたのは、市場調査レポートなどの商品販売や閲覧サービスを提供しているウェブ関連システムで、「YRI WEBメンバー」や「YDB会員」に関するメールアドレスやログインパスワードが流出した可能性があるという。パスワードは暗号化されていると説明しており、ハッシュ化されていたものと見られる。

不正アクセスを受けたデータベース内にメールアドレスやパスワード以外の情報が保存されていたかについてはわかっていない。本誌取材に対して同社は、現在調査中であるとし、「公表している以上の内容については、回答を差し控える」としてコメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2022/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性