Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出

矢野経済研究所は、6月6日にウェブサーバに対して脆弱性を突く不正アクセスがあり、会員のアカウント情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、運営サイト「http://www.yano.co.jp」「http://www.yanoresearch.com」を運用するサーバが「SQLインジェクション」による不正アクセスを受け、会員のアカウント情報最大10万1988件が外部に流出した可能性があることが判明したもの。

6月13日に取引先より個人情報流出の可能性について問い合わせがあり、調査を行ったところ、被害が明らかになったという。

攻撃を受けたのは、市場調査レポートなどの商品販売や閲覧サービスを提供しているウェブ関連システムで、「YRI WEBメンバー」や「YDB会員」に関するメールアドレスやログインパスワードが流出した可能性があるという。パスワードは暗号化されていると説明しており、ハッシュ化されていたものと見られる。

不正アクセスを受けたデータベース内にメールアドレスやパスワード以外の情報が保存されていたかについてはわかっていない。本誌取材に対して同社は、現在調査中であるとし、「公表している以上の内容については、回答を差し控える」としてコメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2022/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大