Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出

同社では、不正アクセスを受けたサイトや関連サイトを一時閉鎖し、外部ネットワークから遮断。ログインパスワードを初期化するとともに、対象者にメールで個別に連絡を取り、再設定を案内するとともに、他サイトで同じパスワードを使いまわしている場合は早急に変更するよう求めている。

また停止しているサービスについては、閲覧室を開放するなど対応を進めてきたが、閉鎖中のウェブサイトについて対策の見通しがついたとし、6月29日9時をめどに再開する見込み。

また取材やアンケートなどの調査活動や受託調査、コンサルティングに関する機密情報などについては、今回攻撃を受けたシステムとは切り離された別のシステムで保管、管理しているとして不正アクセスの影響を否定した。

同社は、6月3日にもフィッシング攻撃により「Microsoft 365」のアカウントを窃取され、意図しないメール送信の踏み台として悪用される被害が発生している。今回の不正アクセスとの関連性などはわかっていない。

(Security NEXT - 2022/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス