Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開

徳島県鳴門市の鳴門山上病院がランサムウェアによるサイバー攻撃を受けた問題で、同院では6月22日より通常診療を再開した。

同院によれば、6月19日17時40分ごろより、院内システムにおいてランサムウェアによる攻撃を受け、電子カルテや院内LANシステムなどが使用できない状況が発生した。

感染後は、病院内のネットワークプリンタから大量の用紙が印刷されたほか、端末が自動的に再起動し、電子カルテシステムが使用できなくなったという。

同院では、入院している患者への診療体制のほか、リハビリテーションや訪問診療、訪問看護などの医療体制を維持しつつも、外来診療に関しては、20日、21日と再来患者に限定していた。

同院では、6月21日にオフラインバックアップよりサーバを回復させ、一部端末における電子カルテや院内ネットワークなどを稼働。6月22日からは、新規患者受け入れを含む可能な範囲での通常診療を再開した。全端末の復旧に関しては時間を要するとしている。

(Security NEXT - 2022/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
バンナム複数グループ会社にサイバー攻撃 - 詳細は調査中
名古屋商工会議所にサイバー攻撃 - サーバが暗号化被害
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織