Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率

国内において「Emotet」の勢いが増している。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズによる調査では、約5社に1社で検知されたという。

同社製品やエンドポイントなど、センサーを通じてクラウド基盤で収集した5月の脅威の状況について取りまとめたもの。国内に設置された同社製品におけるマルウェアの検知状況を見ると、「Emotet」が4カ月連続でもっとも多く検知されている。しかも5月は検知した組織の割合が、4月の5.2%から21.0%へと大きく上昇した。

グローバルにおいても「Emotet」はもっとも高い検知率を示しているが、それでも8%ほどと1割に届いておらず、国内の検知率と差が生じている。

2番目に多く検知されたマルウェアは、WindowsとAndroidに対応し、認証情報を窃取する「LokiBot」で5.3%の組織で検知された。アプリケーション、ウェブブラウザ、メールクライアント、 PuTTYなどが標的となっている。4月は上位10位にも入っていなかったが、5月に入り活発な動きを見せたという。

さらにウェブブラウザから認証情報を窃取したり、キーロガーやダウンローダーの機能を備える「Formbook」が続いた。2.0%の組織で検知されている。

(Security NEXT - 2022/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表