Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子カルテや院内システムがランサム被害 - 鳴門山上病院

徳島県鳴門市の鳴門山上病院は、ランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同院によれば、6月19日17時40分ごろより、院内システムにおいてランサムウェア「Lockbit 2.0」による攻撃を受け、電子カルテ、院内LANシステムなどが使用できない状況に陥ったもの。

入院している患者への診療体制に問題はなく、通所リハビリテーションや訪問リハビリテーション、訪問診療、訪問看護もおおむね通常通り提供しているが、外来診療については、再来患者に限定するなど影響が出ている。

同院では、行政や関係機関など外部支援のもと、早期復旧を目指して対応を進めている。

(Security NEXT - 2022/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
ランサム攻撃でサーバ内のデータが暗号化 - 帰国子女向け教育サービス
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス