Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超

実際に稼働するネットワークを見ると、外部との接続に400Gbpsが2本、100Gbpsが2本、10Gbpsが2本と1Tbpsを超える回線の提供を受けた。会場内に敷設されたケーブル長は15キロメートルに及んだ。

20220616_sn_001.jpg
ShowNetで稼働するラックのひとつ

さまざまな協力企業が持ち寄った製品、サービスは約1600にのぼる。データセンターはもちろん、キャリアグレードの機器もゴロゴロ存在し、設置機器の総額は十数億とも。本イベントにあわせて投入された「世界初お披露目」の製品も稼働する。

プロジェクトを支えたのは、NOCチーム29人、次世代のNOCメンバーとなるボランティアメンバー39人、ベンダーから参加したエンジニアが460人。1年をかけて準備し、「ShowNet」を設置するホールは開催の約2週間前から貸し切って作り上げられた。

会場で動作するラックを見ると、セキュリティ関連では2本が稼働している。グランプリを獲得した「Check Point Quantum Lightspeed」をはじめ、実際に機器が稼働する姿が見られる。「XDR」や「SIEM」による次世代SOC基盤なども時代を反映している。

イベント期間中は、ウォーキングツアーも実施されている。会場へ参加できない人でも楽しめるバーチャルコンテンツなども用意した。「ShowNetの歩き方」を見ればトポロジ図やラック構成図なども参照できる。

(Security NEXT - 2022/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
Interop Tokyo、6月15日より幕張メッセで開幕 - 今回で第29回目
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2割から3割が無許可のクラウドサービスを利用